サーモシェイプのデメリットについて

サーモシェイプは、脂肪とセルライトを溶かす事で痩せさせてスリムなボディラインを作るエステなどで使われる脂肪溶解マシンです。サーモシェイプの仕組みは、特殊な波長を脂肪に当てて、振動させて発熱させて溶かすマシンです。初回の施術から効果があり、少ない回数でスピーディーに効果がでるため人気があります。エステで使われているマシンの中には、広範囲の部位に照射する機器は多く、狭いエリアの部分痩せをするのが苦手ですが、このマシンを使えば二の腕や脚や顔などの狭い範囲の施術ができます。またこのマシンは二の腕や脚や顔を部分痩せさせるだけでなく、同時に肌の深層部にある細胞を熱で刺激する事で、コラーゲンの生成を活性化して針と弾力をアップさせる効果があります。また安全性の高いマシンで、ポカポカとあたたかくなり痛みを引き起こしにくく、過剰発熱で火傷などを起こすリスクもかなり低いなどのメリットがあります。だけどメリットばかりでなく、次のようないくつかのデメリットも存在します。
サーモシェイプは、大きく肥大した脂肪細胞を小さくサイズダウンさせるマシンです。施術で小さくなるだけで、脂肪細胞そのもの数は全く減らないので、折角痩せたとしても油断して好きな物を食べすぎたり飲みすぎたりすると、元の状態にあっと言う間に戻ってしまうリバウンドを起こします。そのため施術でスリムになった状態をキープするために、ずっと食事制限などのセルフケアを続ける必要があるのがデメリットです。
サーモシェイプは、強力な波動で狭い部位の脂肪を減らすのに最適なマシンです。二の腕や脚や顔などの狭い範囲の部分痩せには適していますが、お腹周りやお尻など広い範囲のボディ全体を引き締めるのには向きません。高出力のため無理に広範囲の部位をやれば、時間も掛かり最悪の場合は火傷を起こすリスクがあります。そういった理由でエステでは、体重を落としたりボディ全体を引き締める時には、ドームサウナでからだを温めて汗をかかせたり、電流を流して筋肉を鍛えるマシンを使って基礎代謝を上げる方法が用いられます。
他にも小顔や美肌効果があるのがサーモシェイプのメリットですが、逆に肌が弛んでしまって見栄えが悪くなるデメリットを感じる人もいます。何故肌にたるみが出てしまう人がいるのかというと、マシンの出力が強いため、機器の扱いに慣れていないエステティシャンが施術を行うと、脂肪層にあるコラーゲンまで間違って破壊してしまうからです。コラーゲンは、肌のハリを保つために必要な成分なので、破壊されるとたるみなどのトラブルを引き起こします。またサーモシェイプには、皮膚を引き締める効果がメリットにありますが、マシンの知識がないエステティシャンが施術を行うと、逆に肌をぶよぶよに弛ませてしまいます。だからエステなどで施術を受ける時には、何度も使った事のあるベテランのエステティシャンがいるサロンを選ぶ事をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です