マカのサプリメントとしての効用について

マカは、南米ペルー原産のアブラナ科の多年生植物である。その根は薬用ハーブとしても使用される。マカの歴史は、非常に長く、インカ帝国の時代から、重要な作物として栽培されてきた。特権階級の人々の食物として、重宝されていたといわれている。日本においては、1997年に健康食品として紹介されたことが、マカが知られることとなった最初であった。その後テレビ番組などで取り上げられてことによって、一般的にその名が知られるようになっていった。

マカは、必須栄養素を多く含み(多くの必須アミノ酸やカルシウム、タンパク質、鉄など)、きわめて優れた栄養地を示すものとして知られている。効用としては、滋養強壮・精力増強に効果があるといわれている。研究によると、更年期障害やストレスからくる若年性更年期障害に対して行われる、ホルモン補充療法のひとつとして、マカの効果が十分期待されるとの報告もある。また、マウスによる実験によって、マカ抽出物には、抗肥満作用が含まれる事が示唆されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です